流転する株式市場にあって、2018年の春先から急きょ相場の一大テーマに浮上してきた“米中貿易戦争”。堅調な世界経済などを背景に、年初には日経平均株価が「年末3万円」という強気予想も出ていたが、市場関係者はここにきてシナリオ修正を余儀なくされている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。