毎週水曜日の午後になると、永田町や霞が関がざわつく。木曜日に発売される「週刊文春」と「週刊新潮」の早刷りのコピーが出回るからだ。そして、しばしばその両誌の記事から大きなニュースが生まれる。まさに4月18日の水曜日夕、両誌の記事が引き金になって重要ポストの2人が辞任に追い込まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。