資産に余裕のある高齢者がなぜ、銀行の窓口などでこぞって外貨建ての一時払い終身保険を契約するのか。それは、相続税の節税に大きな役割を果たすからだ。生命保険の非課税枠は「500万円×法定相続人の数」で、3人いれば1500万円とかなり大きい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。