密林に囲まれた落差979メートルの滝を撮影するには遊覧飛行を利用するしかなかった。二重翼の小型機は、雲の林の中大きく揺れながら何度も旋回。ベテランだというパイロットは両手で必死に操縦かんを握り操縦している。後部座席の観光客は恐怖で顔面蒼白だ。私はカメラを構えても揺れで構図が定まらずに四苦八苦。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。