クリスマスセールが好調に開幕、10~12月期の成長率が年率3%へ迫るなど、足元の景気は堅調に見える。しかし、米国経済の抱える「回復の遅い雇用市場」と「冷え込んだ住宅市場」が改善するまでは、高成長への復帰は難しく、2012年も緩やかな成長にとどまりそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。