不正会計などでメディアを騒がせ、経営危機に陥っていた東芝がやっと最悪期を脱した。事業の売却や増資などあらゆる手段を使い、企業の“末期症状”である債務超過から脱却したのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。