社是で飯は食えない──。どんなに崇高な理念を掲げたところで、それだけでは稼げない。社是や社訓、企業理念に対して、少し前まではそんな風潮があった。しかし今、変化の予兆がある。M&A(合併・買収)の増加や日本企業のグローバル化が進んだことで、社内やグループ内には多種多様な人材が世界中に散らばることになった。そこに「横串を刺し、一体感を醸成する重要性が急激に高まっている」(上場企業をクライアントに持つ経営コンサルタント)ためだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。