「政治と行政がぼろぼろだ」。立憲民主党代表の枝野幸男がこう指摘する通り、一難去ってまた一難。安倍政権のずさんな公文書管理をめぐる失態が止まらない。4日午後7時前、防衛相の小野寺五典が防衛省で記者団の前に現れ、神妙な面持ちで手にしたペーパーを読み始めた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。