サラリーマン集団の典型といえる銀行業界だが、全国に目を向けるとオーナー家が経営に関与しているところも少なくない。山形、七十七、スルガ、大垣共立といった地方銀行がそれに当たる。中でも存在感が際立つのが岡野家を“主君”と仰ぐスルガ銀行だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。