“人生100年時代”には何度も学び直しが必要だという。それが分かっていても、実行に踏み切るには勇気が要るし、努力も要る。学ぶためには、何よりもお金が要る。1980年代から90年代にかけて日本のポップミュージック界で一世を風靡した音楽家の大江千里が、人生を100年と考えているかどうか分からないが、思い切った学び直しに挑戦した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。