午後4時ごろ、あいりん総合センターに中高年の日雇い労働者らが集まり、建物西側の通路にカップ酒の瓶やコーヒーの空き缶を置き始めた。雨が降る中、整然と一列に並べられたそれらは、まるで小さな墓標のようだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。