就労というレールから外れた就職氷河期世代をどう救うべきか。これまで国が講じてきたのは、若者の支援対策である。簡単に言えば、そのコンセプトは、「スキルを底上げして会社へ押し込んで、なるべく早期に正社員として働いてもらうこと」(厚生労働省幹部)である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。