1日当たり3.4店──。これは直近5年間の、ガソリンスタンドの平均閉鎖数だ。バブルの余韻が残っていた1994年、スタンド数はピークを迎え、6万0421店を数えた。だがそれ以降、坂道を転げ落ちるように減少。2016年には3万1467店と、半減してしまった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。