「それはいくら何でもご容赦ください」。声を震わせて答弁する財務省理財局長の太田充。森友学園への国有地売却と財務省の公文書改ざん問題で窮地に立つ財務省の防波堤の役割を一身に背負う。沈着、冷静な太田が声を荒らげたのには原因があった。19日に行われた参院予算委員会の集中審議での、自民党の和田政宗の質問だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。