九州地区の最難関私立中学といえば、戦後生まれのラ・サール中学校と久留米大学附設中学校だろう。この2校を頂点にして、その下に青雲中学校、弘学館中学校が続く。特に、鹿児島県に位置するラ・サールは寮や専門の下宿を置くなどして、全国から優秀な学生を集め、東京大学や京都大学の合格者を多数輩出してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。