グリーン周りのショートアプローチを成功させるには、ロングパットの延長のつもりで、距離感と方向性をぴったり合わせる必要があります。そのために私は「左脇の締め」を大事にしています。脇が甘いという表現がありますが、ゴルフスウィングの場合も左脇が甘くなる(空いてしまう)と、手とクラブが体から離れて、動きがばらばらになってしまうからです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。