江戸から明治にかけて北前船の寄港地だった東岩瀬港。米や酒、薬を船に積み、北海道から海産物を運んだ。故に富山では昆布が潤沢に入り、今も昆布消費量は日本一。昆布締め用、おむすび用など各家には4種以上の昆布があるという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。