東京電力福島第1原子力発電所の事故から、およそ1年4カ月。原発から20キロメートル圏内の警戒区域に市の一部が指定されている南相馬市では、住民の3割以上が市外に転出したり避難したまま戻っていない。直面する厳しい現実と再生に向けた課題を、桜井勝延市長に聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。