課題先進国と言われる日本。高齢・過疎化など、多くの課題に現場で対応するのは全国各地の地方自治体であり、その職員である。医療、社会福祉、生活インフラ、教育など、彼らが果たす役割は非常に大きい。しかし、その財源は厳しくなる一方で、人員削減などのコストカットは継続的に進む。地方自治体は限られた人数で、より一層成果を上げることが求められている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。