都内で会社を営む男性は、前立腺がんを告知された。幸い転移は見つからず、医師は手術を勧めつつも「ほかにも選択肢はあるので自分で決めてほしい」と判断を委ねた。ほかの選択肢とは、切らない放射線治療だ。機器が進化し、従来の治療法のほかにも、コンピューターを使って放射線の当て方を改良した「IMRT(強度変調放射線治療)」などが選べる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。