3月末の株主総会後に、新貝康司・JT取締役(昨年末まで副社長、62歳。写真)が、アサヒグループホールディングスの社外取締役に就任する予定だ。新貝氏といえば、1999年の米RJRナビスコの海外たばこ事業買収など、JTのM&A(合併・買収)戦略をけん引してきた立役者。その経歴から、食品業界では“ミスターM&A”の異名を取る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。