やはり国会にも「魔物がすむ」のかもしれない。1強体制を築き上げた首相の安倍晋三が再び国会答弁でつまずいた。「私や妻、事務所が関わっていれば首相も国会議員も辞める」──。大阪の学校法人森友学園をめぐる国有地払い下げ問題で、責任を追及された安倍がこう切り返したのが昨年2月17日の衆院予算委員会。この発言が森友問題を拡大、政治問題化したきっかけになったことは否定できまい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。