ある団体の調査によると、ここ15年で日本の大学教員の研究時間は約10%減り、全活動時間の50%を下回ったという。半面、国際競争力や教育サービスの向上、果ては入学試験の整備まで、大学に対する社会のニーズは高まる一方である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。