ゴルフクラブは、使われる素材の進化やヘッド構造の新開発など、最新のテクノロジーによって、その性能が飛躍的に向上しています。とりわけドライバーは、460立方センチメートルの大型ヘッドが主流になり、長尺化、軽量化がより図られています。最新モデルの大半は、長さ45インチ以上、重さ300グラム以下。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。