2017年春、百貨店の大丸と松坂屋の店長たちは会計の勉強に大忙しだった。持ち株会社のJ.フロント リテイリング本社から、自分の店の貸借対照表(BS)である「店舗BS」を渡され、その改善という使命を託されたからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。