企業活動のグローバル化が進む中、政財界から独占禁止法の運用方法など競争政策の在り方について問われる場面が増えてきた。「市場の番人」である公正取引委員会は今後何を守り、何を変えていこうとしているのか。事務方トップに聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。