「平昌(ピョンチャン)五輪ではなく平壌(ピョンヤン)五輪ではないか」──。韓国国内でもこんな疑念が表面化していた平昌で開催中の冬季五輪。予想通り北朝鮮ペースの「五輪外交」が展開された。韓国と北朝鮮が合同チームを編成、開会式では「統一旗」が使用された。“美女軍団”と呼ばれる応援団や芸術団も北朝鮮から送り込まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。