先日、喜寿を迎えた父に「自分史ノート」を贈りました。時代ごとに世の中の出来事や写真が載っていて、記憶を呼び覚ます手掛かりになるというものです。いまだに現役で働いていたのですが、この3月で仕事に一区切りをつけることになったこともあり、「この機会に書き残しておけば?」という意味だったのですが、今号の特集に「書き込み式・相続ノート」を収録したように、自分史をまとめることは遺言書作りの第一歩になるようです。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。