「ここで負けていたら後々大変なことになっていた」──。官房長官の菅義偉は2月4日深夜、沖縄・名護市長選で与党推薦候補が勝利した直後に周辺にこう語った。米軍普天間飛行場の移設先に決まっている名護市での敗退は安倍政権の行方にも直結しかねないほどの重みがあったからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。