12月11日に閉幕した東京モーターショーの来場者数は前回比37%増の約84万人に上った。大手自動車メーカーがハイブリッド車や電気自動車に注力するなかで、マツダはディーゼル車を打ち出す戦略に出た。さらに、トヨタ自動車が独BMWとディーゼルエンジンなど環境技術において提携した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。