一昔前まで、日本のトイレは「暗い、汚い、寒い」のが当たり前だったが、今では快適さの演出で世界最先端を行く。その点で大きな貢献をしてきた水まわりメーカーのTOTOは、過去100年間、基本的に“なんでも自前主義”で通してきた。それが競争力を高めてきた一方で、海外展開では出遅れる要因にもなった。さらなる成長に向けて、戦略の転換を迫られている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。