長年、「自動販売機を制する者」が市場シェアと利益を握ってきた清涼飲料業界。だが、震災後の節電機運や競争激化により、自販機事業が享受してきた高収益性が揺らいだ。アサヒ飲料とカルピスが自販機事業の提携から経営統合に進んだように、生き残りを懸けた新たな業界再編が動きだしている。 

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。