伊藤清(1915~2008)は、数理ファイナンスに使われる数理基盤「確率解析」を築いたことから「ウォール街で最も有名な数学者」と呼ばれている。しかし、伊藤の確率解析は数理ファイナンスにとどまるものではない。偶然性を含むありとあらゆる現象を記述するための数学理論を構築したのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。