ビジネスでは「他と違うことをやる」のが基本のはずですが、地方活性化事業においては「横並びで同じことをやる」というのがまかり通っています。今は、中央から地方にかなり権限が移譲され、ルールもフラットになっているのに、いまだに「中央にお伺いを立てて、補助金をもらって何かやる」というマインドセットから抜け切れていない人が多い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。