地方創生をテーマにした“リアル・フィクション”小説が、本誌2月24日号よりスタートする。小説のタイトルは「シャッターがなくなる日」。地方都市の閑散とした「シャッター商店街」を舞台に、まちの再生に取り組む若者たちの姿を描く作品だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。