約40年ぶりとなる相続制度の見直しが行われている。ポイントは、高齢化社会への対応だ。そこで、最も大きな改正となりそうなのが、配偶者の居住権の創設だ。左図を見ていただきたい。評価額2000万円の自宅を所有し、現金3000万円の合計5000万円の財産を持つ夫に先立たれた高齢の妻。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。