昨年12月18~20日、年に1度の「中央経済工作会議」が北京で開かれた。10月の第十九回党大会を経て2期目に突入した習近平政権が、向こう3年の経済政策をどう運営していこうとしているのかを占う上で示唆に富む会議であった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。