『国家は破綻する』の著者の1人、カーメン・ラインハート教授らの研究によると、大きな金融危機があった国では、危機後の10年間は経済成長率と住宅価格が低迷し、失業率が上昇する。これは日本の1990年代の経験とも整合的である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。