日本企業の間では、AIよりもRPAなるロボットが人気のようだ。一体何者なのか。そもそもRPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、その名称が「輸入」されたのは2016年1月からだった。外資系コンサルティング会社が日本で宣伝を始めたのがきっかけで認知が広がっている。PA自体は、パソコン上で行うキーボード入力やコピー&ペーストなどの単純作業を自動で行ってくれるソフトウエアロボットだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。