創業60年の節目を迎え、54年ぶりの社長交代──。日用品大手、アイリスオーヤマの大山健太郎社長(72歳)が会長に退き、長男の晃弘取締役(39歳。写真)が7月1日付で社長に昇格する。「社長業53年がたち、7月で73歳になる。新たな視点で社会に貢献することを期待している」と健太郎氏は理由を語る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。