ハーバーマス著『後期資本主義における正統化の問題』は、資本主義体制を維持するために国家が経済に介入するメカニズムを精緻に解明している。〈構造の面から見て脱政治化された公共圏においては、正統化の需要は収縮し、二つの欲求が残る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。