会議室では、宮永一人が待っていた。古谷総理はもちろん、宮永の秘書の姿もない。「この度は、無茶を申し上げました。ご配慮を感謝します」鷲津は、宮永に頭を下げた。「私も謝らなければならないんだ。総理の都合がどうしてもつかず、私が代理で話を聞くことになった」俺も見くびられたものだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。