ハラールはエチオピア東部の、ソマリアとの国境近くにある小さな町で、歴史上イスラム「第4の聖地」といわれる。アフリカ文化とイスラム文化が融合した町並みは、大通りと建築物の色合いも非常にユニークで、童話の世界に迷い込んだような体験をした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。