秋吉理香子著『婚活中毒』は、さまざまな婚活のドラマを描く作品集で(中には親同士の婚活パーティーもあったりする)、個人的には「リケジョの婚活」が好み。電機メーカーの研究室に勤務する後藤恵美が、テレビの婚活番組に応募する話だが、全てをデータ化してシミュレーションする恵美に対して「データとか分析に頼りきっていると、しっぺ返しされそうな気がする」と応募者仲間に言わせることに留意。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。