人や国家は十分な富を手にしたと感じた後、どこへ向かうのか。あるいは物質主義に疲弊した先にある選択肢は何か?1月17~28日は「シンガポール・アート・ウイーク(SAW)」で、ナショナル・ギャラリーをはじめ島内多くの施設・場所でさまざまな催しが行われる。今回で6年目となる国家イベントで、国内外から多くの芸術家が参加する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。