「僕は、これまでずっと『時代の変化に対応しなさい』と言い続けてきたんですよ。時代が大きく変わっているのだから、仕事のやり方も変えなければいけないよと」──。流通業界“最後のカリスマ”ことセブン&アイ・ホールディングス(HD)の鈴木敏文氏(85)は2015年6月6日号の本誌インタビューで、こう語っていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。