日本の製造業の頂点に立つ、トヨタ自動車の幹部人事に異変が起きている。豊田章男社長がもくろむのは、これまで経験のない“瀬戸際の戦い”に挑むための、巨大企業グループの変革だ。パナソニックもまたレガシー企業の殻を破って、大改革を急ぐ。新たな人事に込められた狙いを探る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。