メール開封のタイミングは受け手次第。故に、メールはいつ送っても同じだと考えている人は多い。しかし、メール送信にはタイミングがある。まず、お礼や商談内容の確認は、当日に送ること。お礼を翌日以降に送るくらいなら、むしろ送らない方がましだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。