いよいよメールを書く段階だ。まず注意してほしいのが、宛先の「CC:」の使い方である。例えば、どんな内容のメールにも、上司を「CC:」に入れる人がいるが、「CC:」はしっかりと経緯を知っておいてほしいときだけ入れるようにする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。