仕事の超速化を目指すのに、メール処理のための準備なんて悠長だと思うだろう。だが、この準備こそメール処理の時間を減らす要諦なのだ。まず、仕事の主導権を握るようなメールのやりとりをすることを念頭に置こう。例えば、取引先と面談の日程を調整するメールを送るとする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。